概要 詳細 対義語

ウェブリオのサービス Weblio 辞書. 物事の大まかな内容を示す「概要」の類義表現として、「大筋・大要」を上げることができるのです。, 「概要」の対義語は、「詳細(しょうさい)」になります。 「詳細」というのは、「細部に至るまで詳しいこと」を意味する言葉です。 やインターン・新卒入社. 大まかな要点のまとめを意味する「概要」の類語として、「あらまし・概略・大略」が指摘できます。, 「概要」の類語・類義表現として、「大筋(おおすじ)・大要(たいよう)」があります。 「大要」というのは、「大まかな要点・大体のところ・大事な点」を意味しています。 「大略」の言葉の意味は、「おおよその内容・大体のところ」になります。 詳細(しょうさい)の対義語・反対語は概略(がいりゃく)、大略(たいりゃく)、概要(がいよう)です。 古語辞典. 例えば、「事件の概要について、刑事の口から説明してもらいました」や「旅程の概要をまず理解しておく必要があります」などの文章で使用することができます。 「概要」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。, 当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。, 「意味・読み方・英語と解釈・使い方・概要を使った言葉・例文と解釈・概要と目的、内容の違い・類語や類義表現・対義語」, “Tell me a summary account of this event. こんにちは。「自尊心」の対義語が探してもなかなか出てきません。お教え下さい参考「自尊」1.高慢、傲慢、うぬぼれ ←→ 卑屈、卑下2.自負 ←→ 謙譲、謙遜3.独立、自立 ←→ 従属、依存4.プライド、 例えば、「事業概要:Webマーケティングによる販促活動・SNSの問題行動の監視業務」といった簡単な文章で、事業の大まかな内容が書かれています。, 「大まかな概要」というのは、「物事の大まかな内容・大雑把な要点のまとめ」を意味する言葉です。 “schema(scheme)”(「参照・枠組み」から、「概要」を意味します。), 「概要」と「目的」の違いは、「概要」は「全体の大まかな要点をまとめたもの」を意味していますが、「目的」は「成し遂げようとしている事柄・行為が目指しているところ」を意味しているという違いがあります。 ーンでも「客体」「客体化」といった言葉が使われるこ “Police officers explained outline of that incident. 「詳しい」という言葉は子供でも若い人でも使える汎用性のある言葉です。また敬語にもしやすく、違った類語や言い換えの言葉もすぐに思いつきやすいです。経験や体験から物事に「詳しく」なることはどのような人にも必要です。多くの経験を積んで危機感を高めましょう。 化をはかろうとした政策論、政治運動をいう。 公武合体策 、公武合体論、公武合体運動、公武一和(こうぶいちわ)とも呼ばれる。 概要には以下のような類義語があります。 “overview of chapters”(各章の概要) ”(私はこの本の概要を書きました。) ¥å“ã®ææ–™ã«é–¢ã—て「概要」が使われる場合、この意味で使われます。 このように、「概要」は、状況に応じて、さまざまな意味を表すことがわかります。 「概要」の類義語. 「あらまし」とは「物事の大体のところ」、「概略」とは「細かいことを省略したあらまし・大まかな内容」を意味しています。 “profile”(「紹介・略歴」から、「概要」を意味します。) 「概要」の「意味・読み方・英語と解釈・使い方・概要を使った言葉・例文と解釈・概要と目的、内容の違い・類語や類義表現・対義語」などについて、詳しく説明していきます。, 「概要」の意味は、「全体の要点をとりまとめたもの・物事のあらまし」になります。 の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 「概要」という言葉自体に、「物事の大まかな内容・あらまし」の意味合いがあるので、「大まかな概要」というのは、同じ意味の言葉を重ねて意味を強調する「重言(じゅうげん)」になっています。, 「英語で書かれた小説の概要を、今月末までにまとめてきてください」 「大筋」という言葉の意味は、「物事の大体のすじみち・要点」になります。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) 概要(がいよう)の対義語・反対語は詳細(しょうさい)、細目(さいもく)です。 概要(がいよう)の対義語・反対語 五十音検索 「内容」という言葉には、「概要」のような「大まか・大雑把・要点のまとめ」といったニュアンスがなく、「内容」はただ「物・事の中身、伝えようとしている意味」という意味だけを持っているという違いがあるのです。, 「概要」の類語・類義表現として、「あらまし・概略(がいりゃく)・大略(たいりゃく)」があります。 学生でも、授業のレポートや大学の論文を書くときには「概要」という言葉を使うのではないでしょうか。, ですが、「概要」とは何か、「概要」には何を書けばいいのかとなると、はっきりとした意味を理解している人は少ないかもしれません。, 今回は、「概要」の意味と使い方!「内容」との違いや書き方のルールはあるの?についてご説明いたします!, 「事件の概要」「物語の概要」などと言う場合は、一連の流れを説明するということになります。, 「会社概要」とか「事業概要」といった場合には、大事な情報を示して、どんな会社なのか、どんな事業なのかをざっくりと示すようなもののことです。, つまり、伝えようとする事柄全体や、物事の中身全体が「内容」であり、「概要」は「だいたいの内容」である、と言えます。, 「論文の概要」であれば、全文読まなくてもこれだけ読めば大体何が書いてあるのかわかるものということになります。, 「概要」の書き方に、絶対こうしなくてはいけないというルールがあるわけではありませんが、パターン別に大まかに書き方をご説明します。, 会社概要、企業概要などを書く場合には、会社の大まかな全体像を説明することになります。, こうした「会社概要」を見ると、事業内容や規模、今後の成長についてなど、いろいろな情報を読み取ることができます。, 会社概要などは箇条書きのように書くことが多いですが、レポートや論文などの文章をおおまかにまとめる「概要」も、仕事をしていく上で何かと書く機会があるものです。, このような場合の「概要」は、レポートの流れや内容を要約したものということになります。, といった要素を押さえて、何が書かれたレポートなのかを全文読まなくてもだいたいわかるように作成します。, 例えば、企画書の場合は、企画内容、目的や方法、それによるメリットなどをまとめて全体像を提示するといった具合になります。, 何ページにも及ぶ企画書であれば、初めに1枚に起承転結を意識してまとめた「概要」をつけるとよいでしょう。, 詳しい内容や細かい数値などは本文を読まないとわからないですが、「概要」を読めばどんな目的のどんな企画なのかがわかるように書きましょう。, 出来事の「概要」を説明するとか、会社「概要」を読む、レポートの「概要」を書くといった風に、仕事をしていく上で何かと「概要」という言葉を使うこともあります。, 大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 detailの対義語は何ですか? 詳細に対応する言葉なのですが。概略?Summary、Outlineとは違う言葉で、お願いします。 普通その意味の対義であればrough(荒い、おおざっぱ)を使いますね。 概要の対義語はなんですか? 概要の対義語が分かりません。対義語が掲載されている辞書ってあるんですか? ”(警察官が事件の概要を説明してくれました。) 類義語・対義語・多義語に関するまとめと問題です。類義語・対義語の一覧、多義語の例、天気と天候など類義語で意味や使い方が異なるものについても解説。 “Tell me a summary account of this event. 「概要」という言葉は、「大体の要点をまとめたもの・大まかな内容」を意味しているので、それと反対の意味を持つ対義語として「詳細」を上げることができます。, 「概要」という言葉について徹底的に解説しましたが、概要には「全体の要点をとりまとめたもの・物事のあらまし」などの意味があります。 「アウトライン」はビジネスで「要点。概要」などの意味で使います。デザイン用語では「輪郭」という意味もあります。今回は「アウトライン」の意味と使い方、類語、対義語、英語を例文付きで解説し … 「概要」の言葉には、「目的」のように「何かを成し遂げようとしているという行為の方向性・動機づけ」の意味合いはありません。, 「概要」の言葉の使い方は、「全体の要点をとりまとめたもの・物事のあらましを整理したもの」を指し示す時に使うという使い方になります。 「概要」というのは、物事の細かい部分まで丁寧に説明するのではなくて、「物事の要点・大まかな内容をまとめたもののこと」を意味する言葉になっています。 日本で使われている「レジュメ」は、フランス語の名詞「resume」を元とする言葉です。「resume」の意味は「要約」や「大意」「概要」などで、一般的には論文や講義内容をある程度の分量にまとめたものを指します。 「レジュメ」のほかに「レジメ」と書く場合もあり、こちらはどちらかと言うと、英語の「resume」の発音に近くなっています。英語で言う「resume」は、アメリカやカナダでは履歴書を指すことが一般的で、 … この記事では、「イデオロギー」の意味や使い方、語源、類語・対義語、英語表現について解説します。 詳細の反対の意味の言葉。・1.対義語・反対語詳細⇔簡略2.対義語・反対語詳細⇔概略同じ意味の言葉委細 - 逆の意味の言葉や熟語を調べられる対義語辞典 「概要」は、「箇条書きの項目」で書かれることもあれば、「一般の短い文章」で書かれることもあります。, 「概要」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。 「概要」とは、「全体の要点をとりまとめたもの・物事のあらまし」です。 「事業概要」は、「その会社がしている事業項目の箇条書き」あるいは「事業内容の短文による説明」で書かれることが多くなっています。 、暴力、性的対象化 など様々な表現に使われる。 類似概念に女性への嫌悪であるミソジニー(英: misogyny )がある(後述 「概要」(読み方:「がいよう」)という言葉、日常、ビジネスを問わず一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか? たとえば、会社情報を調べた時に、「会社概要」という形で用いられ、会社の情報が簡単にまとめられているということ見たことがある人は少なくないと思います。 ”, “Police officers explained outline of that incident. “I wrote a resume of this book. 床する」や「就寝する」はありそうだが,「就床する」というのはあまり聞いたことが無 … 詳細(しょうさい)の対義語・反対語は概略(がいりゃく)、大略(たいりゃく)、概要(がいよう)です。 ・1.対義語・反対語詳細⇔簡略2.対義語・反対語詳細⇔概略同じ意味の言葉委細 - 逆の意味の言葉や熟語を調べられる対義語辞典 Weblio翻訳. 「概要」の対義語 「概要」の対義語には次のようなものがあります。 詳細(詳しいこと。細かな点) 細目(細かい点について規定してある項目) 明細(細かい点まではっきりとしてくわしいこと。また、そのさま) まとめ “outline”(「あらまし・アウトライン」から、「概要」を意味します。) 「概要」の対義語:詳細 「詳細」:細かいところまで詳しいこと。 「書類を提出したが、さらに詳細な内容を上司に記載するように指示を受けた」 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。. この記事では「参照」の意味や使い方、よく似た言葉との違いなどを解説します。ビジネスで使える例文も紹介しますので、知らず知らずのうちに誤用をしてしまわないためにも、この記事を通して「参照」の使い方をしっかり覚えましょう。 ”, 「英語で書かれた小説の大筋の内容(大まかな内容)を、今月末までにまとめてきてください」, 「息子が巻き込まれたという今朝の交通事故の概要について、警察から教えてもらいました」, 「息子が巻き込まれたという今朝の交通事故のあらまし(大まかな経緯・内容)について、警察から教えてもらった」. 「概略」という言葉はビジネスなどで使われ、「おおまかな内容」を指します。そのため要点をついていなかったり、的を得ていないこともあります。大切な事柄に対しては概略で済ますのは好ましくないでしょう。この記事では「概略」の意味や使い方を対義語を含め紹介します。 “review”(「概観・展望」から、「概要」を意味します。) ”(この出来事の概要を教えて下さい。) 「概要」の類語・類義表現としては、「あらまし・概略・大略」「大筋・大要」などがあります。 この「概要」を使った例文は、「英語で書かれた小説の大筋の内容(大まかな内容)を、今月末までにまとめてきてください」という教師などからの指示を意味しています。, 「息子が巻き込まれたという今朝の交通事故の概要について、警察から教えてもらいました」 ョンコマンドで終了 ; 各種一覧・詳細ページの先頭で使用 ; 設定により省略可 「概略」という言葉は物事におけるあらまし・大枠といった大雑把な意味をまとめたことを意味しています。 しかしまとめる上で必要な要素・要点を全て網羅はしておらず、それぞれを詳細にもまとめておりません。 必要に応じて取捨選択しつつ、ただ短くコンパクトにまとめたことを概略とされています。 そのため中身はまとまっているが信用・重要性は低いものと認識されるため、実際に用いる場面では「ざっくりと伝える」といったニュアンスとなります。 “company profile”(会社概要。) 次のひらがなの中から対義語・類義語を選び漢字に直して答えてください。 同じ言葉は「1度だけ」使用できます。 「概要」の意味は、「全体の要点をとりまとめたもの・物事のあらまし」になります。 「概要」というのは、「物事・組織・事件などのおおすじ」や「物事の大まかな内容」を意味する言葉であり、「企業概要・組織概要・事件の概要・小説の概要・ニュースの概要」などの言葉が慣用的に多く使用されています。 「概要」というのは、物事の細かい部分まで丁寧に説明するのではなくて、「物事の要点・大まかな内容をまとめたもののこと」を意味する言葉になっています。 「概要」は、「箇条書きの項目 … 詳細(しょうさい)の対義語・反対語について。詳細(しょうさい)の対義語・反対語は概略(がいりゃく)、大略(たいりゃく)、概要(がいよう)です。 「アウトライン」は「あらすじ」を意味するカタカナ語。人間は予備知識のない状態で詳細な説明をされてもなかなか理解することができません。そのため、ビジネスでは的確に「アウトライン」を説明する力が求められます。この記事では「アウトライン」の意味や使い方を詳しく解説。 また、「概要」という言葉は、「物事の大まかな内容」や「企業組織の重要な情報をまとめたもの(企業概要・組織概要など)」といった意味合いで使われることが多くなっています。, 「概要」を使った言葉・慣用句・熟語を紹介して、その意味を分かりやすく解釈していきます。, 「事業概要」というのは、「その会社がどのような事業を手掛けているのかの大まかな内容・項目」を意味しています。 仕事をしていて、「摘要」という言葉を見聞きすることがあると思います。 特に経理の仕事をしている人などは日常的に見続けていると言って... 伝えようとする事柄全体や、物事の中身全体が「内容」であり、「概要」は「だいたいの内容」である、と言えます。, 「概要」の意味と使い方!「内容」との違いや書き方のルールはあるの?【類義語・対義語】. この「概要」を使った例文は、「息子が巻き込まれたという今朝の交通事故のあらまし(大まかな経緯・内容)について、警察から教えてもらった」ということを意味しています。, 「概要」と「内容」の違いは、「概要」というのは「物事の大まかな内容・要点のまとめ」を意味していますが、「内容」というのは「物・事の中身や実体、文章や言葉で伝えようとしている意味」を意味しているという違いがあります。 「detail」には、様々な意味合いがあります。 「細部」「細かい面」「細部の描写」などはカタカナ語のディテールと同じですが、「つまらないこと」というニュアンスもあります。 引用:detail – Weblio英和・和英辞典 本来、ディテールというのは「重要ではない枝葉のこと」…つまり、「取るに足りない」とふつうは考えられるような細かい部分、という意味があります。 “summary”(「要点・まとめ」から、もっとも一般的な「概要」を意味する単語になります。) “overview”(「全体を見渡す・概観」から、「概要」を意味します。) 「概要」というのは、「物事・組織・事件などのおおすじ」や「物事の大まかな内容」を意味する言葉であり、「企業概要・組織概要・事件の概要・小説の概要・ニュースの概要」などの言葉が慣用的に多く使用されています。 “resume”(「摘要・レジュメ」から、「概要」を意味します。)

浅見光彦 ドラマ フジテレビ, ナンバープレート 変更 軽自動車, 世にも奇妙な物語 おばあちゃん 子役, 文スト 福沢諭吉 夢小説, 東京 人口 コロナ, 宝塚 全国 ツアー 過去, ローゼンメイデン 真紅 セリフ, 劇場 映画 解説, 都島 カット 安い, 新宿 映画館 小さい, ピクシブ百科事典 見出し 開かない, スーパー 24時間 川越,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA