バットマン 敵 映画

バットマン映画は全部で14作品もあり、ドラマ、アニメも合わせると30作品を超える。今回はこのバットマンシリーズの全作品を最新作まで「時系列を押さえながら」まとめていこうと思う。 とくに最近の若い人に人気なのが、以下の3つのシリーズ。 1. 映画『ザ・バットマン(原題:The Batman)』の日本公開日は? バットマンの新たな視点を描く映画『ザ・バットマン(原題:The Batman)』の全米公開日は、2021年6月25日に決定済。しかしながら日本公開日は、2019年の時点ではわかっていません。 ラストシーンは悪を倒したバットマンですが、それでも悪はなくならいとゴードンは言います。 そして新たな敵があの「ジョーカー」です。 ジョーカーは次作の「ダークナイト」の敵として出てきますが、これが本当に面白い。超名作映画です。 "Three Go Mad in Gotham". 『バットマン』の続編『バットマン リターンズ』でバットマンの前に現れたのはペンギン男とキャットウーマンでした。. ペンギン男を操り、キャットウーマンになる前のセリーナの命を奪ったマックス。, 彼は自分の息子に残す財産のために、ゴッサムシティを自分の手に収めようとしていました。 バットマンが悪と戦う理由や狂人的な悪役の存在などダークな基本設定を引き継ぎつつもファミリー層を意識した明るめの作風になり、前作を超えるヒット作となった。 また、バットマンのサイドキックであるロビンは、本作が映画シリーズ初登場となる。 「両親を探したい」それだけでした。 バットマンはマックスに対しては何もすることができませんでした。, ある意味ペンギン男&キャットウーマンvsマックス・シュレックの戦いだったのかもしれません。, ティム・バートンらしい作品で、彼の得意とする世間からはみ出してしまった人物に焦点を当てた物語になっていました。, ペンギン男・キャットウーマン・バットマンという世間のはみ出し者たちの戦いでもあり、それと同時に切なく見終わった後に寂しさが残ってしまう物語でもありました。, 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ), 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ついに「あの人」が…複雑に絡み合う人間関係, 映画『ディープ・インパクト 』コンピューターの命の選別 自分の意思で人生を決めた英雄, 映画『ザ・ディレクター [市民ケーン]の真実』「市民ケーン」の裏側にあった天才と金持ちの戦い. どちらも心に傷をおった悲しい人物で、彼らは温もりを求めていただけでした。. ジョーカー. 目次 1 「バットマンビギンズ」1.1 あらすじ1.1.1 ネタバレ感想と考察 「バットマンビギンズ」 2005年、クリストファー・ノーラン監督 によって制作された作品。 栄えあるDCコミックスの作品、 「バットマン」を実写映画化した作品。 ペンギン男を操った本当の敵は別にいたのです。. 『バットマン ビギンズ』(原題:Batman Begins)は、2005年のアメリカ・イギリス合作映画。監督はクリストファー・ノーラン、主演はクリスチャン・ベール。 DCコミックスの出版するアメリカン・コミック『バットマン』を原作とした実写映画作品。リブートされた「ダークナイト・トリロジー」の第1作目。第78回アカデミー賞撮影賞ノミネート。 自分のことと自分の息子のことしか考えていないマックス。, 姿の醜いペンギン男やマスクをかぶったキャットウーマンやバットマンでもなく、人間の普通の姿をした彼こそが1番の悪だったのです。, 住民はそれを知らずすっかり彼に騙されてしまいました。 『ジョーカー』(原題:Joker)は、2019年公開のアメリカのスリラー映画。監督はトッド・フィリップス、出演はホアキン・フェニックス&ロバート・デ・ニーロなど。本作では「バットマンシリーズ」に登場する悪党、ジョーカーの誕生に至るまでが描かれる。 "Tim Burton, Batman and The Joker". バットマン(英: Batman )は、DCコミックスの出版するアメリカン・コミックスに登場する架空のスーパーヒーロー。 およびコミック、映画、ドラマ、アニメ作品のタイトルである。 実写映画 連続活劇 スーパーマン (1948年の映画) (英語版) (1948年) 演 - カーク・アリン (英語版) アトムマン vs スーパーマン (英語版) (1950年) 演 - カーク・アリン (英語版) スーパーマンと地底人間 (英語版) (1951年) 演 - ジョージ・リーヴス スーパーマン (1978年の映画) (1978年) そんなキャットウーマンに対してバットマンは「自分と似ている。僕たちは人格が二つに引き裂かれている」と言って彼女の前でマスクをとります。, しかしキャットウーマンはマックスに復讐を果たし、バットマンの前から姿を消したのでした。, ペンギン男・キャットウーマン・バットマンみんな心に傷をおい、普通の暮らしができなくなってしまった人たちです。, 同じ境遇の3人でしたが、ちょっとしたことでその立場は変わってしまい全く違う人生を生きることになったのです。, 『バットマン リターンズ』のバットマンの敵を見ているととても切なくなってしまいます。, 『バットマン リターンズ』の中で1番の悪者は、マックス・シュレックでした。 ①悪がはびこるゴッサム・シティ。両親を強盗に射殺された富豪の息子・ブルースは、幼少期からのトラウマであるコウモリの恐怖を克服し、悪と戦うことを決意。故郷のゴッサム・シティに戻る。②一筋縄ではいかないと考えたブルースはバットマンというダークヒーロー(一見悪党)の立場から悪を退治することに。一部の理解者を味方につけたブルースは街に幻覚剤がばらまかれるのを阻止した。 映画. バットマンに登場するヴィランについて、あまり知らないという人も多いのではないでしょうか?今回はそんなバットマンのヴィラン達について、どんなヴィランがいるのか、悪役でありながら抱えている悲しい過去なども一覧にしてまとめてご紹介します。 ©Copyright2020 MOVIE TREASURE BOX.All Rights Reserved. 映画『ジョーカー』。バットマンの最大の敵ジョーカーはこれまでも、何人もの名優が演じました。2008年に故ヒース・レジャーが凄まじい演技を見せた映画『ダークナイト』をより映画が面白くなる見所なども合わせて紹介していきます。 2008年に公開された、アメリカ・イギリス共作の実写アクション映画。監督はクリストファー・ノーラン。 バットマンとして世の犯罪者と戦ってきたブルース・ウェインが、新たに現れた敵ジョーカーに翻弄されながら、ゴッサム・シティに必要なヒーローとは何かを模索する姿を描いた作品。 映画. - ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY - ワンダーウーマン 1984 - ザ・スーサイド・スクワッド. GOTHAM/ゴッサム これからバットマン映画を見る人は参考にして欲しい。また過去にバットマン映 … ジャスティス・リーグ・シリーズ 3. 映画『バットマン』シリーズを動画配信しているサービスを紹介する前に、少し映画『バットマン』シリーズを整理しておく必要があるでしょう。シリーズ作品が膨大にあるので、よくわかっていない人も多いはずです。 実写映画『バットマン』シリーズ一覧を、公開された順番に簡単に紹介・解説していきますので、ご確認あれッ! 映画 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』101エピソード1. Judy Sloane (August 1995). 映画『バットマン リターンズ』あらすじと感想 新たなバットマンの敵は孤独なペンギン男. 大不況に苦しむ街・ゴッサムシティを救おうと尽力していた父と母を目の前で殺されて以来、悪を憎み、悪にも同じような恐怖を与えたいと秘かな闘志を燃やすようになったブルース・ウェイン。 そんなある日、犯罪者の心理を知るためにあえて刑務所に入っていたブルースの元にラーズ・アル・グールが率いる、真の正義を守るために戦う『影の同盟』のヘンリー・デュカードという謎の男が現れます。 その男に導かれるままに出所後にヒマラヤ山脈へと訪れ、ツラく厳しいデュカードの修行で心身ともに … ティム・バートンが描いた『バットマン』。幼い頃に目の前で両親を殺された男と、上司に裏切られた男。どちらも心に傷をおった男が正義と悪に分かれ戦います。似た者同士の二人の戦いの結末は、愛の勝ちでした。https://youtu.be/iwBZIdEc1Wk『バットマン』作品情報... 映画『バットマン リターンズ』あらすじと感想 新たなバットマンの敵は孤独なペンギン男, これで親に捨てられ相棒と思っていたマックス・シュレックにも捨てられてしまったペンギン男の復讐心に火がついてしまいます。, 映画『愛と青春の旅立ち』あらすじと解説 恋と友情の青春映画に描かれた父と息子の物語, 映画『ロードキラー』あらすじとネタバレ 悪ふざけはほどほどに! 犯人の男はどうなった?, アニメ『ドラゴンボール』第6話「真夜中の訪問者たち」ドラゴンボールを追って集まる人たち. "Daniel Waters on Writing". 彼は下水道の下でペンギンとともに育たれれました。, 長年下水道で暮らしいたペンギン男は、地上で暮らす家族に憧れを抱きます。 「バットマン」シリーズで、ジョーカーと並ぶ悪役と称されている悪役ペンギンはどんなキャラクターなのかをまとめていきます。ペンギンは1941年に「バットマン」の原作漫画に登場して以来、永続的な敵キャラクターとなりバットマンを苦しめています。 コミックではバットマンの弟子ロビンを殺し、バットガールを半身不随にし、数えきれない程の人を拷問し、殺しました。. バットマンの敵ジョーカーは、 ・『バットマン』 ・『バットマン ビギンズ』 ・『ダークナイト』 ・『スーサイド・スクワッド』 4作品に出演しています。 ジョーカー出演作品を観たい! 『バットマン』の続編『バットマン リターンズ』でバットマンの前に現れたのはペンギン男とキャットウーマンでした。どちらも心に傷をおった悲しい人物で、彼らは温もりを求めていただけでした。ペンギン男を操った本当の敵は別にいたのです。, 平和が戻ったのも束の間、暗黒都市ゴッサム・シティーがまたもや悪の手に落ちようとしている。, 数々の事件の陰に見え隠れするのは、悲しい運命ゆえに異常な野望にとり憑かれた怪人ペンギンと、復讐に燃える美貌のキャットウーマンの姿。, (出典:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=84&c=2), バットマン リターンズ 1/4スケールアクションフィギュア ペンギン(ダニー・デヴィート), 幼い頃、普通の子供と姿が違ったため川に捨てられたペンギン男。 彼女もまたバットマンの敵でしたが、ペンギン男同様マックス・シュレックによって人生を変えられてしまった女性でした。, 自分が何ものなのかわからなくなる中、マックス・シュレックを追い詰めるキャットウーマン。 映画『ダークナイト ライジング』予告編3【HD】 2012年7月28日公開. Joe Morgenstern (1989-04-09). ダークナイト・トリロジー・シリーズ 2. 本項目では、DCコミックスの出版物に登場する架空のスーパーヒーローであるバットマンを題材とした映画作品について記述する。, バットマン映画の歴史は1940年代の連続活劇『Batman』および『Batman and Robin』から始まる。1966年にはテレビシリーズの劇場版で、初めての長編映画『バットマン(英語版)』が公開され、アダム・ウェストがバットマンを演じた。, 1980年代後半にはワーナー・ブラザースが『バットマン』シリーズの製作を開始し、1989年にティム・バートン監督、マイケル・キートン主演による第1作『バットマン』が公開された。1992年にはバートンとキートンによる続編『バットマン リターンズ』、1995年には監督をジョエル・シュマッカー、主演をヴァル・キルマーに替えた『バットマン フォーエヴァー』が公開された。シュマッカーは主演がジョージ・クルーニーに替わった1997年の『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』でも引き続いて監督した。しかし『Mr.フリーズの逆襲』は酷評されてしまい、その後いくつもの脚本開発を経て、2005年にクリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベール主演の『バットマン ビギンズ』でシリーズはリブートされた。ノーランとベールは2008年公開の続編『ダークナイト』でも続投した。2012年夏には同監督、同主演によるリブートシリーズ3作目で最終章となる『ダークナイト ライジング』が公開された。, バットマンのアニメ映画も数多く作られているが、劇場公開されたのは1993年の『バットマン/マスク・オブ・ファンタズム』のみであり、そのほかはすべてビデオ映画となっている。, 1943年にコロンビア映画より全15章の連続活劇『Batman』が公開された。バットマンはルイス・ウィルソン(英語版)、ロビンはダグラス・クロフト(英語版)を演じた。また、映画オリジナルのヴィランであるドクター・ダカをJ・キャロル・ネイシュ(英語版)が演じる。他に、シャーリー・パターソン(英語版)がブルース・ウェインの恋人のリンダ・ペイジ、ウィリアム・オースティン(英語版)がアルフレッドを演じた。物語は、第二次世界大戦下、アメリカ合衆国政府のエージェントのバットマンが日本のエージェントのドクター・ダカを倒すというものである。, 1949年にコロンビア映画より2作目となる全15章の連続活劇『Batman and Robin』が公開された。ロバート・ローリー(英語版)がバットマン、ジョニー・ダンカン(英語版)がロビンを演じた。さらに脇役としてポニ・アダムス(英語版)がヴィッキー・ヴェール(英語版)、ライル・タルボット(英語版)がジェームズ・ゴードンを演じた。物語はバットマンとロビンのコンビが正体不明の悪役ウィザードに挑むというものである。, 『バットマン』(ビデオ題: 『バットマン/オリジナル・ムービー』、原題: Batman, または Batman: The Movie)は、1966年の映画であり、テレビドラマ『怪鳥人間バットマン (Batman (TV series)) 』の劇場版である。DCコミックスキャラクターの映画としては初めてとなる長編映画である。20世紀フォックスにより公開され、監督はテレビシリーズ第1シーズンのエピソード"The Penguin Goes Straight"、"Not Yet, He Ain't"を手掛けたレスリー・H・マーティンソンが務めた。元々はテレビを売り込む為の物で先に製作されたがTVが爆発的なヒットになった為本作もヒットした。1991年に「バットマンリターンズ」の公開に会わせテレビ放送された。, 1970年代後半になるとバットマン人気は衰えていた[1]。CBSは『Batman in Outer Space』の映画の製作に興味を抱いていた。1979年4月、マイケル・ウスランとベンジャミン・メルニカーがDCコミックスからバットマンの映画化権を購入した。ウスランはダークでシリアスなバットマンを作ることを望んでいた[1]。リチャード・メイボームを脚本、ガイ・ハミルトンを監督とするために近づいたが、2人はオファーを断った。また、映画スタジオは1960年代のテレビシリーズのような『バットマン』を求めていたため、ウスランの売り込みは難航した。映画化を断ったものの中にはコロンビア映画とユナイテッド・アーティスツも含まれていた[2]。, 失望したウスランは映画界に対し、自分のバットマン映画のビジョンを理解してもらうために『Return of the Batman』と題した脚本を書いた。ウスランはその脚本のトーンと後に出版された『バットマン: ダークナイト・リターンズ』を比較した[1]。1979年11月、プロデューサーのジョン・ピーターズとピーター・グーバーがプロジェクトに参加した[3]。4人のプロデューサーたちは『スーパーマン』(1978年)の後に映画を開発するのが最善であるとした[4]。ウスラン、メルニカー、グーバーは『バットマン』をユニバーサル・ピクチャーズに売り込んだが、スタジオは断った[5]。スタジオは決まらなかったが、1981年末、プロジェクトが1500万ドルの製作費で発表され、そしてワーナー・ブラザースが受けることに決まった[6]。, 1983年6月、トム・マンキーウィッツは、バットマンとディック・グレイソンのオリジンに焦点を当て、ジョーカーとルパート・スローン(英語版)がヴィランとなり、シルバー・セント・クラウド(英語版)が恋人となる『The Batman』の脚本を完成させた[7]。マンキーウィッツのそれはスティーヴ・エングルハート(英語版)によるリミテッドシリーズ『Batman: Strange Apparitions』(ISBN 1-56389-500-5)からインスパイアされている[8]。『Strange Apparitions』でエングルハートと共同したコミック画家のマーシャル・ロジャース(英語版)がコンセプトアートのために雇われた[5]。『The Batman』は2000万ドルの製作費により、1983年末から1985年半ばのあいだに公開されると発表された。元々ウスランはバットマン役には無名の役者、ジェームズ・ゴードン役にウィリアム・ホールデン、アルフレッド・ペニーワース役にデヴィッド・ニーヴンを希望していた[6]が、ホールデンが1981年、ニーヴンが1983年に死亡し、実現不可能となった。マンキーウィッツの脚本はアイヴァン・ライトマン、ジョー・ダンテを含む多くの映画製作者に紹介された[9]。9名の脚本家がそれぞれ脚本を書き直したが、そのほとんどが『Strange Apparitions』に基づいていた。しかしながらプロジェクトを動かすのに使われていたのはマンキーウィッツの脚本であった[10]。, 1986年にティム・バートンが1作目の監督に就任した。サム・ハム(英語版)が最初の脚本を執筆する前にスティーブ・エングルハート(英語版)とジュリー・ヒックソン(英語版)が映画のトリートメントを書いた[9][11]。バットマン役はマイケル・キートンに決定する以前に多くのAリスト俳優(英語版)が検討されていた。キートンに決まった際は、彼がバットマン役に適格か否かで論争を引き起こした[9]。ジョーカー役には高額の出演料、興行収入の一部、そして厳しい撮影スケジュールと引き換えにジャック・ニコルソンが抜擢された。ニコルソンの最終的な報酬は5000万ドル以上であると報じられている[3][6][12][13]。主要撮影は1988年10月から1989年1月までにパインウッド・スタジオで行われた[14]。製作費は3000万ドルから4800万ドルまで増大し[3]、また、1988年の全米脚本家組合のストライキ(英語版)によってハムは降板した。脚本の書き直しはウォーレン・スカーレン(英語版)、チャールズ・マッケオン(英語版)[6]、ジョナサン・ジェムズ(英語版)が行った[15]。『バットマン』は好意的な評価を受け、興行的にも成功し、さらにアカデミー美術賞を受賞した。最終的な興行収入は4億ドルにのぼり[9]、現代のスーパーヒーロー映画の認識に影響を与えた[16]。, バートンは元々前作に対する複雑な心境のために続編を監督することを望んでいなかった[4]。サム・ハムによる第1稿ではペンギンとキャットウーマンが隠された宝を探していた[17]。ダニエル・ウォーターズはバートンが納得するような脚本を彼のもとへ届け、再び監督するよう説得した。また、ウェズリー・ストリックがノンクレジットで脚本に参加しており、ハーヴェイ・デントとロビンの出番を削除し、クライマックスの部分を書き直した[18][19]。多くのAリスト女優の中からキャットウーマン役の候補が選ばれた末、最終的にミシェル・ファイファーに決定し、ダニー・デヴィートがペンギン役に決まった[20]。撮影は1991年6月よりカリフォルニア州バーバングで始まった。『バットマン リターンズ』は興行的には成功したものの、前作よりは最終興行収入は少なく終わり、ワーナー・ブラザースは失望した[21]。また、多くの批評家には好意的な評価を受けたが[22]、暴力的かつ性的な要素が子供向けとしてはふさわしくないと批判もされた[21]。マクドナルドは『バットマン リターンズ』とのタイアップのハッピーセットを中止した[23]。, 『バットマン リターンズ』は商業的に成功したものの、ワーナー・ブラザースの期待には及ばないものであり、スタジオは続編をよりメインストリーム向けの内容へ変えることを決めた。監督はティム・バートンからジョエル・シュマッカーへ変更され、バートンはプロデューサーとして留まることとなった[24]。しかしながら、前2作でバットマン役だったマイケル・キートンはシリーズの路線変更を気に入らず[25]、同役には新たにヴァル・キルマーが抜擢された。ロビン役はクリス・オドネル、リドラー役はジム・キャリー、トゥーフェイス役はトミー・リー・ジョーンズとなった。撮影は1994年9月に始まり[24]、そしてシュマッカーはキルマーとジョーンズとの問題に直面した[26]。『バットマン フォーエヴァー』は1995年6月16日に公開され、全世界での興行収入は3億5000万ドルに達し、アカデミー賞では3部門で候補に挙がったが、批評家の反応は賛否分かれた[27][28]。, 『バットマン フォーエヴァー』の後すぐに『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』の企画が始まり、ワーナー・ブラザースは1997年6月公開を決めた[29]。ヴァル・キルマーは『セイント』とのスケジュールの都合を理由に降板し[30]、新たにジョージ・クルーニーがバットマンを演じることとなった。他にアーノルド・シュワルツェネッガーがミスター・フリーズ、ユマ・サーマンがポイズン・アイビー、アリシア・シルヴァーストーンがバットガールを演じ、またクリス・オドネルも引き続いてロビンを演じる。主要撮影は1996年9月に始まり[31]、当初の予定より2週間早い1997年1月に完了した[32][33]。『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』は当初の予定通り1997年6月20日に公開された[34]。本作の玩具的でキャンプなアプローチ、そしてシュマッカーが追加した同性愛の暗示は観客に不評を買った[30]。『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』は興行的には成功したものの[35]、実写のバットマン映画では最低の成績に終わった。ゴールデンラズベリー賞では9部門でノミネートされ[36]、今日でも史上最悪のスーパーヒーロー映画のひとつとして挙げられている[37][38]。, 『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』の撮影の段階で、ワーナー・ブラザースはそのラッシュに手ごたえを感じていた。これによりワーナーは引き続いてジョエル・シュマッカーを続編の監督として雇おうとしたが、『バットマン フォーエヴァー』、『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』の脚本家であるアキヴァ・ゴールズマンは脚本執筆を拒否した[33]。1996年末、ワーナーとシュマッカーはマーク・プロトセヴィッチを5作目の『バットマン』の脚本家として雇った。公開日は1999年半ばになると発表された[39]。タイトルは『Batman Triumphant』であり、プロトセヴィッチの脚本ではスケアクロウがメイン・ヴィランであった。また、スケアクロウの恐怖ガスによってバットマンの心の中に現れる幻覚としてジョーカーが再登場する。さらにハーレイ・クインの登場も予定され、父を死に追いやったバットマンに復讐するジョーカーの娘(英語版)として描かれていた[40]。ジョージ・クルーニーとクリス・オドネルも再びバットマンとロビンを演じることが決まっていた[41]。しかしながら『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』が酷評され、興行的にも期待外れに終わるとワーナー・ブラザースは『Batman Triumphant』を頓挫させた。スタジオは『バットマン・ザ・フューチャー』(Batman Beyond)の実写映画化とフランク・ミラーの『バットマン: イヤーワン』の翻案を考慮することが最善であると判断した。ワーナーはいずれかのアイデアが最適となった時にゴーサインを出すことにした[42]。シュマッカーは「基本に戻って、ダークナイトを暗い描写にする。」と述べた[43]。1998年半ば、彼はワーナー・ブラザースに『バットマン: イヤーワン』の製作のためにアプローチした[43]。, ワーナー・ブラザースとシュマッカーが『イヤー・ワン』に関心を寄せている1998年半ば、コミックのファンであるリー・シャピロ(英語版)とスティーヴン・ワイズがスタジオに『Batman: DarkKnight』というタイトルの脚本を持ち込んだ。『DarKnight』では、ブルース・ウェインは犯罪との戦いを辞め、ディック・グレイソンがゴッサム大学に通っていた[44]。そしてドクター・ジョナサン・クレインはゴッサム大学の心理学の教授で尚且つアーカム・アサイラムの精神科医で、恐怖に関する実験を行っているという設定(後にこれは『バットマン ビギンズ』で使われた)で、クレインはドクター・カーク・ラングストームと対立し、そして彼をマンバット(英語版)として知られる生物へ変貌させ、ゴッサムの市民は夜な夜な現れるマンバットをバットマンの「血に飢えた」復活であると思いこんでしまう。そこでブルースは「彼の名前を消す」ために再びバットマンとなり、マンバットの謎を追うという内容である[44]。しかしワーナーは『Batman: DarKnight』を却下し、『イヤー・ワン』と『Batman Beyond』の案を進めることに決めた[44]。, 2000年1月、スコット・ローゼンバーグ(英語版)は『Batman: Year One』の脚本執筆の機会を断った[45]。2000年半ば、ポール・ディニ(英語版)、ニール・スティーヴンスン、ボアズ・イェーキンが『Batman Beyond』の脚本執筆のために雇われ、さらにイェーキンが監督を務めることとなった。映画はワーナー・ブラザースの同名のテレビアニメをベースとしている[46]。しかしながら結局ワーナーは『Batman Beyond』を破棄し、『Batman: Year One』を進めることとなった[42]。, 同じころ、ワーナー・ブラザースはシュマッカーが関心を持っていたにもかかわらず、ダーレン・アロノフスキーを『Year One』の監督、脚本のために雇った[43][46]。未製作である『Ronin』の脚本をフランク・ミラーと共に書いていたアロノフスキーは、『Year One』にも共同脚本として彼を招いた[47]。彼らは『バットマン』シリーズのリブートを目標とした[48]。アロノフスキー作品の常連であるマシュー・リバティークが撮影監督に決まり[49]、またアロノフスキーはクリスチャン・ベールをバットマン役にするべく接近した[50]。同じころワーナーは『キャットウーマン』のスピンオフを進めていた[51]。しかしながら2002年6月、スタジオは『Year One』の企画を止め、『Batman vs. Superman』を進めることにした[52]。, ワーナー・ブラザースはJ・J・エイブラムスの『Superman: Flyby』をマックG監督下で進めていた[53][54]。しかしマックGが『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』を優先させるために降板すると[55]、ワーナーは『Superman: Flyby』の監督としてウォルフガング・ペーターゼンに接近し[56]、さらに2001年8月[57]、アンドリュー・ケヴィン・ウォーカーが『Batman vs Superman』のアイデアを売り込んでくるとペーターゼンをその監督とした。『Superman: Flyby』は一時保留され[56]、アキヴァ・ゴールズマンがウォーカーの『Batman vs. Superman』を書き直すために雇われた[42]。, ゴールズマンによる2002年6月21日時点でのドラフトでは、ブルース・ウェインは犯罪との戦いを5年前に辞め、神経衰弱を経験していた。ディック・グレイソン、アルフレッド・ペニーワース、ジェームズ・ゴードンは死亡したが、ブルースの抑うつ感情は婚約者のエリザベス・ミラーによって解消された。一方でクラーク・ケントはロイス・レインと離婚したばかりで苦労していた。クラークとブルースは親しい友人であり、クラークはブルースにとって最高の男であった。だが新婚旅行でエリザベスがジョーカーによって殺害されるとブルースは復讐を企てるようになり、クラークは彼を止めようとした。そしてブルースはエリザベスの死に関してクラークを非難し、二人の友情は崩れて行く。しかし、レックス・ルーサーの魔の手が忍び寄り、二人再び手を組む[58]。, スーパーマン役にはジョシュ・ハートネット、そしてバットマン役には先の『Batman: Year One』でも候補だったクリスチャン・ベールがオファーされていたが断られてしまった[55][59]。主要撮影は2003年初頭より始まり、約5か月から6カ月かけて行われる予定であった。公開予定日は2004年中頃に計画されていた[60]。ワーナー・ブラザースがゴーサインを出してから1か月もたたないうちに、ペーターゼンが『トロイ』(2004年)を優先させるために『Batman vs. Superman』の企画を去り[42]、ワーナーは『Superman: Flyby』と『バットマン』のリブートを進めることにした[42]。ペーターゼンとブライアン・シンガーは、ベールによるバットマンで、将来、本企画を実現させることに関心を持っている[61][62]。, 監督・脚本のクリストファー・ノーランと共同脚本のデヴィッド・S・ゴイヤーによる『バットマン ビギンズ』への取組みは2003年初めに開始され[63]、ダークでより現実的なトーンで、ヒューマニティとリアリズムに基づいた映画にすることを目指した[64]。撮影は主にイングランドとシカゴで行われ[65][66]、従来のスタントやスケールモデルに依存し、CGIの使用は最小限に抑えられた。バットマンはクリスチャン・ベールが演じた。またヴィランは、ラーズ・アル・グール(ヘンリー・デュカード(英語版))をリーアム・ニーソン、スケアクロウをキリアン・マーフィーが演じた。さらにバットマンの恋人としてケイティ・ホームズ演じるレイチェル・ドーズ(英語版)が登場した。またこの映画で新しいバットモービル(タンブラーと呼ばれる)とバットスーツ(英語版)が作られた[67][68]。『バットマン ビギンズ』は商業、批評的に成功した。2005年6月15日に北米の3858館で公開され、公開初週末に約4800万ドルの興行収入を上げた。最終的に世界興行収入は約3億7000万ドルに達した[69]。Rotten Tomatoesでの支持率は84%であり[70]、アカデミー賞では撮影賞にノミネートされた。批評家は恐怖が映画全体に共通するテーマであると指摘し、以前の『バットマン』映画と比べて暗めのトーンを持っていると述べた[70]。また、『バットマン ビギンズ』はハリウッドにリブートという概念を普及させた[71]。, クリストファー・ノーランは再度監督を務め、さらに弟のジョナサンと共同で脚本を執筆した。『ダークナイト』でもクリスチャン・ベールがバットマン(ブルース・ウェイン)を演じ、さらにヒース・レジャーがジョーカー、アーロン・エッカートがハーヴェイ・デント(トゥーフェイス)を務めた。主要撮影は2007年4月にシカゴで始まり、そのほかにパインウッド・スタジオや香港がロケ地となった。ヒース・レジャーは『ダークナイト』の撮影が完了した後の2008年1月22日、睡眠薬の過剰摂取により死亡した。ワーナー・ブラザースは、レジャー演じるジョーカーのスクリーン・ショットを強調する宣伝用ウェブサイトや予告編を作成し、バイラル・マーケティングを行った[72][73]。『ダークナイト』はオーストラリアで2008年7月16日、北アメリカで7月18日に公開された。好意的な評価もあり、北米での興行収入は5億ドルを超え、全世界では10億ドルを突破し、その他数々の興行記録を打ち立てた[74] [75]。第81回アカデミー賞では8部門でノミネートされ、音響編集賞と助演男優賞(ヒース・レジャーは死去後)を受賞した。, 『ダークナイト ライジング』はノーランの『バットマン』三部作の完結を目的としている[76]。ノーランは『インセプション』に専念し始める2008年12月までにおおまかなストーリーのアウトラインを完成させた[77]。2010年2月、デヴィッド・S・ゴイヤーとジョナサン・ノーランは脚本の開発を始めた[78]。ゴイヤーが『マン・オブ・スティール』に取り掛かるために本作から離れると、ジョナサンは兄とゴイヤーによる原案の脚本化を開始した[79]。新キャストにはトム・ハーディのベイン、アン・ハサウェイのセリーナ・カイルが加わり[80]、さらにジョセフ・ゴードン=レヴィットがジョン・ブレイク[81][82]、 ジュノー・テンプルが「ストリート・スマート・ゴッサム・ガール」と説明された役にキャスティングされている[83]。撮影は2011年5月に始まり、11月完了を予定している[84]。ノーランは3D映画にしないものの、画質とスケールの向上のためにIMAXフォーマットを採用し、前2作と一貫性を保ちつつ技術面にも力を入ることを考えている[85]。『ダークナイト ライジング』では『ダークナイト』よりもIMAX撮影箇所が増える予定である[86]。また、撮影監督のウォーリー・フィスターは全編IMAXでの撮影に関心を示していた[87]。2012年7月20日公開された。日本では同年7月28日に公開されている。, DCコミックスの実写化映画作品を、同一の世界のクロスオーバー作品群として扱う『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズとしては第2作品目の映画で、2013年のスーパーマン単独作品『マン・オブ・スティール』の続編であり、バットマンやワンダーウーマンが登場する。2016年公開。『マン・オブ・スティール』に引き続きザック・スナイダーが監督を務めている。, 『バットマン vs スーパーマン』の続編。『DCエクステンデッド・ユニバース』の第5作品目の映画で、これまで 登場した、バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンに加え、フラッシュ、アクアマン、サイボーグの初登場のキャラクターが登場する作品。当初、クリストファー・ノーランの三部作の完結後、ワーナー・ブラザースは『ジャスティス・リーグ』の映画化を計画し、2013年公開を目指していたが、紆余曲折が有り制作が難航。その間にマーベル・シネマティック・ユニバースの成功を見て、現在ではこの様な状況(まずスーパーマン単独作品、その続編で複数ヒーロー共演、さらにその続編でヒーローチーム結成という風に、ヒーロー単独作品からヒーローチーム作品へストーリーを繋げて相乗効果を狙う)になっている。, またテレビアニメ『ジャスティス・リーグ』の3話のエピソード「Starcrossed」をまとめた『Starcrossed: The Movie』がビデオ映画として発売された。同様に、『スーパーマン』のエピソード「頂上対決」3話分をまとめた『The Batman/Superman Movie』も発売された。, Adventures of Captain Marvel(1941) - Spy Smasher(1942) - Hop Harrigan(1946) - The Vigilante(1947) - Congo Bill(1948), Superman(1948) - Atom Man vs. Superman(1950), スーパーマンと地底人間(英語版)(1951) - Stamp Day for Superman(1954), スティール(英語版)(1997) - ロード・トゥ・パーディション(2002) - リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い - キャットウーマン(2004), バットマン(1989) - バットマン リターンズ (1992)- バットマン フォーエヴァー(1995) - バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲(1997), スーパーマン(1978) - スーパーマンII(1980) - スーパーマンIII(1983) - スーパーガール(1984) - スーパーマンIV(1987), コンスタンティン - ヒストリー・オブ・バイオレンス - Vフォー・ヴェンデッタ - スターダスト - ザ・スピリット - ウォッチメン - ルーザーズ - ジョナ・ヘックス - グリーン・ランタン, スーパーマンII リチャード・ドナーCUT版(2006) - スーパーマン リターンズ(2006), マン・オブ・スティール - バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 - スーサイド・スクワッド - ワンダーウーマン - ジャスティス・リーグ - アクアマン - シャザム!

インド 人口増加 理由, ぷよぷよeスポーツ 昇格 条件, ナゴヤドーム 飲食 コロナ, ぷよぷよ プレイヤー 強さ, 丸の内 プロポーズ レストラン, 立命館大学 びわこ くさつキャンパス, アスナル金山 コンセント トイレ, 山梨 ゲーセン 24時間, ふーあーゆー リアルレスキュー 違い, 2018 ワールドカップ 日本代表 スタメン, 宮沢賢治 作品 有名, 名古屋港 水族館 ホテル じゃらん, 世界地図 覚え方 中学生,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA